<NPO法人アジア文化交流会とは>

アジア文化交流会は、千葉県の多文化共生・国際交流を目的としたNPO法人です。千葉県内の外国人県民は平成29年に14万人を超えました。そして、外国人県民の中には日本社会に馴染むことができない人や医療や教育に係わる様々な課題も指摘されてきました。そのような中、アジア文化交流会は、外国人県民に日本の文化を理解していただき、日本人にも外国人県民について理解をしていただくための活動を通して、地域社会づくりのための一助となりたいと考えて活動しています。

多文化共生というと、外国人の受け入れ促進を連想される方も多いと思いますが、当法人は外国人の受け入れ促進を中心的テーマとしているわけではありません。私たちの活動目的は、日本人と外国人県民がお互いにどこの国の人とも公平で対等な人間関係を築くことができる「文化づくり」を目指しています。そして、既に日本に住んでいる外国人と良いまちづくりができるよう願って活動しています。これまで、日本人は諸外国の人々と公平で対等な関係を築くことができる点が多くの外国の方から評価され尊敬されてきましたが、そのような精神を広めていきたいと考えています。

一方で、外国人県民の中には日本文化に馴染むことが出来ず、地域社会で問題となっている案件も見受けられます。事情が違うそれぞれの問題を安易に論ずることはできませんが、私たちが接してきた外国人のほとんどは、日本が好きで、日本人と良い関係を築いて生活していきたいと願っていました。地域社会の住民同士(日本人)のトラブルが、お互いによく知り合うことによって解決したという実例がありますが、外国人との間のトラブルの解決のためにも、一対一の交流を行う機会を持つことの重要性を感じます。

少し大きな話になりますが、ユネスコ憲章に「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と書いてあることを思い出します。他国の人を国単位でステレオタイプの見方で見ることが積み重なって、国家同士の争いに発展することもあります。先日、ある人が「○〇人は△△な人種だ」「○○人は△△な人しかいない」という発言をしていましたが、ステレオタイプの見方とは、そのように、一部の人の行動や発言をもって、その国又は人種が全て同じであると思い込む考え方のことです。誰もが願う平和で安心な社会は、人種や国籍によらず1人1人を大切にできる心から始まるのではないかと思います。私たちはそのような心が広がって、友好的な新しい国際社会に変わっていけるよう願っています。

アジア文化交流会では、それらの目的のために、地道ではありますが、外国人県民と日本人が交流する機会を提供する活動を行っています。交流の機会として、一対一の交流が可能なプログラムを取り入れた国際交流イベントの開催、日本社会に貢献する外国人県民を激励する目的での優秀外国人県民の表彰等を毎年行っています。また、交流を目的とした語学教室、料理教室等を開催しています。

 

    NPO法人 アジア文化交流会会長   森島 隆晴(敬愛大学経済学部教授)

◆会長挨拶

千葉県の外国籍県民(海外出身の方)は益々増加しています。国際化が進み多文化多民族共生への取り組みが言われる中、異文化交流の難しさに直面することも少なくありません。そこで、外国人県民(海外出身の皆様)と日本人との交流の機会を作ることにより文化の相互理解を図り国際交流の促進と多文化共生の推進が為されるよう活動しております。アジアに関心がある方でしたらアジア以外の御出身の方も歓迎いたします。

当会の活動が平和で豊かな社会を作るための「人づくり」「文化づくり」の一環となるよう努力する所存ですので、今後とも多くの皆様のご支援、ご指導、ご協力をお願い申し上げます。